スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若はげの原因と対策





若はげが気になりだし、若はげの対策を講じるようになるのはいつごろからでしょうか。
髪の毛が何歳ころから薄くなるか、若はげが気になるのかには個人差があり、その若は
げの程度もさまざまです。




若はげの対策を具体的にいつごろからするかというのは、個人差があります。



男性の場合、早い人は18歳前後から脱毛が始まることもあります。




30代後半から急激な脱毛が進むこともあり、若はげには年齢や進行のスピードにかなり
幅があるようです。


遺伝のほかに、ストレスや偏った食生活、不規則な生活が若はげの
原因になることがあります。




20代や30代前半からでも髪が薄くなり、若はげになってしま
うことがあります。このような若はげの原因になるようなことを続けているとその可能性
は高くなります。



早いうちから若はげにならないための対策をしておくほうが良いでしょ
う。



若はげと一般的い言われているものは、実は男性型脱毛症です。これは壮年性脱
毛症とも言われます。



脱毛症状が主に30~40代から目立ってくるのが若はげです。



頭皮がうすく透けてみえる状態になります。それは頭髪の1本1本が細くなるのが原因で
す。



このような脱毛症状が気になりはじめたら、1日も早く若はげ対策を行うようにしたほ
うが良いでしょう。
スポンサーサイト

薬やサプリメントによる若はげ





若はげのひとつの原因として、薬やサプリメントの摂取があげられます。


若はげなどの
対策用として用いられる薬や、健康食品などの摂取による脱毛が、近年脱毛症や若は
げの原因として考えられるようになりました。



脱毛症や若ハゲの原因となるものには次のようなものがあげられます。



それはサプリメント、プロテイン、皮膚科の薬、健康食品、
美容食品などです。



薬やサプリメントの誤った使い方や過度な摂取は、身体機能を低下
させます。



毛髪の毛母細胞の衰弱につながることがあります。それが頭皮に悪い影響を
与えることがあるのです。




逆に頭皮は毛髪に悪影響を与えてしまうという事例です。若ハ
ゲの対策のつもりで行っていたことが、過剰なシャンプーと同じようにマイナス要因にな
ってしまうのです。




若はげの原因には頭皮の汚れがあり、育毛に必要な条件は酸素と栄
養素です。




髪の毛の汚れで頭皮が覆われると、皮膚呼吸が妨げられれます。そうすると
髪の毛を作り出す毛母細胞への酸素補給が不足してしまうのです。




酸素の補給が不足
すると、毛母細胞が次第に弱っていきます。



すると髪の毛が細くなったり、毛が抜けたりと若はげの原因になるのです。



頭皮が汚れて毛母細胞への酸素補給が妨げられるの
は、もっとも大きな若はげの原因なのです。



若はげの対策としては、まずは正しい方法
で頭を清潔にすることが第一です。過剰な薬やサプリメントの摂取はしないようにするこ
とが重要だといえます。

シャンプーによる若はげ対策





若はげ対策をシャンプーしよって行っている人はたくさんいるようです。思春期を過ぎた
ころに若はげは起こります。



遺伝的背景を持つ男性の前頭部から頭頂部でよく起るよう
です。



同様の変化が女性の場合でも頭頂部を中心に見られることもあります。


シャンプーのほかにも若はげの対策としての解決方法はいろいろあります。



また間違った方法で、若はげの対策が説明されていることもよくあります。



若はげ対策としてシャンプーによるものは代表的な方法です。



若はげの対策としてよく間違われる点は、皮脂が育毛を妨げているという認識です。




皮脂を全て洗い流してしまうほど強力なシャンプーが、若は
げなどの対策として出回っています。



それにより脱毛症を起こしているのが、成人ばかり
でなく小学生にまで及んでいることもあります。



頭皮や肌を乾燥などの肌のトラブルから
防いでくれるのが、皮脂でありそのために分泌されているのです。



強い洗浄力のシャン
プーを使用し続けると、頭皮に肌荒れが起ってしまいます。これは若はげの対策どころ
か、逆に脱毛症を発症させてしまうことになりかねません。



現在は若はげの対策というよ
りも、髪が汚れることに敏感になりすぎています。



すべてにおいて清潔さが好まれる世
の中だからでしょう。シャンプーを過剰にしてしまったり、強いシャンプーをついついつか
ってしまったりしてしまうのかも知れません。

育毛促進に必要な条件





育毛を促進する方法としてまず必要な条件は、頭皮の皮膚呼吸と血液によってまかな
われる酸素の存在と、頭皮に流れる血液からもたらされる栄養素の二つです。


発毛や育毛に必要な酸素は血液からもたらされますが、酸素の大部分は頭皮の皮膚呼吸によ
ってまかなわれます。



頭皮が正常な機能を取り戻し、頭皮が皮膚呼吸できることが育毛
促進には必要です。それには毛穴にたまった皮脂の汚れを落とすことです。



皮膚の代謝が正しく行われるためには、頭皮の皮膚呼吸が大切なことです。それにより抜け毛が解
消され、フケや頭皮のべたつきが解消されますので、育毛促進の目的として何よりも必
要なことです。



育毛促進のためにできる育毛方法として頭皮のマッサージがあります。



これは誰でもすぐに実行できるので良い方法です。頭皮のマッサージによって頭皮の血行
が良くなり、老廃物の排出が促進されて頭皮組織の細胞が活性化します。



髪の毛に栄養が充分行き渡るようにするには、頭皮組織の活性化が必要です。抜け毛が減り、また



髪にハリがなくなった薄毛などが改善されます。育毛促進のためのマッサージは筋肉の
緊張をほぐし、精神的なリフレッシュ効果があり、ストレスも解消します。



またマッサージによって抜け毛が減ったり、フケが出なくなったりします。髪の毛自体にもハリやコシ、ツ
ヤが出てくるのが特徴です。いずれの方法も育毛促進に必要な条件です。抜け毛など
が気になったらとにかくやってみると良いかもしれません。

ブラッシングによる育毛の方法





育毛の方法としてのブラッシングは、頭皮の血行を促進させるので、育毛を効果的にす
すめるには良い方法だということを耳にすることがあります。


ブラッシングによって血行
促進をするという育毛の方法は実は間違っているのです。



本来はシャンプーの前に適度
なブラッシングをして頭髪の中のゴミなどを浮かび上がらせたり、長い髪を束ねるために
行うのがブラッシングの目的なのです。



ブラッシングによる育毛の方法は、決して育毛を
促す血行促進という目的ではありません。




育毛を目的とした良い方法だからと、ブラッシ
ングにより柔らかい頭皮を刺激し続けるとどうなるでしょうか。



場合によっては、皮下の
柔らかい皮下組織が痛むことがあり、ひどい場合は完全に毛髪組織が破壊されてしまう
ことがあるのです。



過度のブラッシングは育毛の方法どころか、毛髪を逆に傷めるため
にしていることになるのです。




育毛方法の間違った認識で、皮脂が育毛を妨げるという
考え方があります。



間違ったこのような認識によって、頭皮の皮脂を過剰に取り除いて
いる人が案外多いようです。




皮脂を過剰に除去すると頭皮がボロボロになってしまいま
す。1日1回普通のシャンプーをすることが、育毛のための方法として大切なことでしょ
う。



皮脂に過敏になりすぎないこと、清潔な頭皮を保つことも育毛促進のポイントです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。